本文へスキップ

皆様とのコミュニケーションを大切に信頼できる身近な歯科医院を目指しております

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0977-25-0501

〒874-0904 大分県別府市南荘園町21組

診療案内medical info

診療内容

■ 一般歯科■ 小児歯科■ 口腔外科■ 予防歯科
■ インプラント■ ホワイトニング■ デンタルエステ■ アンチエイジング

インプラント

歯を失ってしまった部分に、歯を補う為の治療方法の一つです
インプラント治療では、失われた歯根の代わりにチタン製のインプラント
顎の骨に埋め込み、そこに被せものを装着させます。 

チタンは、生体組織内に異物とみなされず、違和感なく骨と結合するという
特性を利用した治療法です。 

インプラント治療は、歯を1本失った場合から多数歯を失った場合まで、
あらゆるケースに対応できます。 

顎の骨にしっかりと固定するインプラントは、
入れ歯のように浮いたり、外れたりしません。
違和感、異物感に悩まされることもありません。 

天然歯に近い感覚で噛めるようになるのです。

しかし、インプラントはすべての人に
適応の治療法ではありません。


また、インプラントにもメリットだけでなく、
デメリット
もあります。

その点を良く理解してから
インプラント治療を行う必要があります。


インプラントのメリット(長所)
.ブリッジのように、健康な歯を削る必要ない。 
  (健康な歯を削ってしまうとその歯の寿命は短くなるので、
   これは非常に大きなメリットです)

2.見た目が良い。

3.咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)が最も高い。(天然歯の約80%)

4.違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができる。



  ブリッジは健康な歯を削る必要があるので、
  土台の歯の寿命が短くなりやすくなります。
  また、部分入れ歯では違和感が強く、自分の歯と同じようにものを食べることは
  難しいことがよくあります。

  その点、インプラントは他の歯を削らずにすみ、自分の歯と同じように
  ものが食べられるということで、
  現在では最も機能的に優れている治療法だと
  考えられています。

  ただし、インプラントにもデメリットはありますので、
  その点を良く理解してからインプラント治療を行う必要があります。

インプラントのデメリット(短所)
1.手術が必要。

2.骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。
  (骨を作る手術をすれば可能となる場合もあります)

3.治療期間が長い。(約3ヶ月〜1年)

4.歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。

5.治療後のメインテナンス(定期検診や歯磨きなど)がしっかりと出来ない人には向かない。

6.値段が高い。(保険外治療)



  インプラント治療では通常、フィクスチャーを骨に埋め込むときと、
  上部構造(人工の歯)を装着するときの2回、手術が必要になります。
  (手術が1回で済む、1回法というものもあります)

  それほど大きな手術ではありませんが、他の方法(ブリッジや部分入れ歯)では
  手術が必要ないことを考えると、デメリットだと言えるでしょう。

  また、治療期間は最短でも2ヶ月、長い場合では1年以上かかることもあり、
  治療費は健康保険が使えません。

  最も気を付けなければならないのは、体が不自由などの理由で、
  治療後のメンテナンスが出来ないような場合です。

  インプラントは治療後のメンテナンスが絶対に必要ですので、
  このメンテナンスに問題があるような人は、
  インプラント治療は避けたほうが良いでしょう。


itose Dentist別府 南立石イトセ歯科

〒874-0904
大分県別府市 大分県別府市南荘園町21組
TEL 0977-25-0501